時は流れる

2012.05.28 Monday

0


    年老いて自分の寿命の予想が

    つきはじめた老人が

    こう嘆く。

    「長生きなんかしなきゃよかった」

    「こんなにボロボロになってまで生きたくはない」

    生まれてきた時には

    誰もが死へ向かって進んでいるという事実

    そんなことは誰でもわかってはいるけれど

    普段は見て見ぬ振りをしている

    それもまた事実

    生きるための勉強をしなければと

    思う、初夏の一日

    スポンサーサイト

    2018.04.15 Sunday

    0
      関連する記事
      コメント
      私も、そのご老人の様に思っています。どうせ、逝くのなら、誰にも迷惑を掛けずにポックリと楽に逝きたいのですが、こればかりは、神様次第なんでしょうね。梅干しババァになってまで生きたくはないですね。
      • by うつかえる
      • 2012/06/02 11:07 AM
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL