時代の変化

2016.07.09 Saturday

0

     

    独立して早16年。当時はまだフィルムが幅を利かせていた時代で

    デジタルカメラは存在していたものの、フィルムには遠く及ばない

    画質であり実用できるまでには10年近くはかかるだろうという感じであった。

    ところが、あれよあれよという間に技術革新が進み五年後にはフィルムカメラは

    無用の長物となってしまった。まだネットの普及率も少なく買い物は現物という

    時代でもあった。大型家電店が進出し街の電気屋さんは消え、しかし今となっては

    その大型電気店でさえもネット販売に押されて大変な状況である。わずか

    10年で栄華必衰状況。小資本では立ちいかなくなり大資本が入ってきて

    縄張り争いの状況になっている。時代の流れというか、時代のうねりを

    切に感じるこの頃だけど、それに身を任せながら沈まないように頑張らないと、

    と思いつつ日々の問題は山積であり途方に暮れることも多々ある。こんなことを

    書きながら夏の予定作りに邁進している、ここ数日。

     

    頑張れ、社長!頑張れ、みんな!

     

     

    さて、今日の写真。

    先日、上京した際に平沢への移動時間が余ったので鎌倉から

    江ノ電に乗り海が見える駅で途中下車して撮影した。近くに

    高校があるのでそこの学生であろう。青春時代を考えると

    随分と遠くまで来たものだと、感心する。あの時代は体力も

    気力も有り余るほどあり無限の可能性を信じられた頃だ。

    汗をかいて走る青年、何を目指して走るのかわからないけど

    そんな風景を見ている自分の顔はきっと優しい顔をしていると思う。

     

     

    佳い日

    2016.07.04 Monday

    0

       

       

      ブログの更新日を見て驚いた。なんと一年間も更新をしていないではないか。

      完全に忘れていたわけではなく、心の余裕がなかったとでも言い訳をしておきたいと

      思う。。。

      昨日は印象派スタッフの結婚式があり福岡の料亭まで出かけて盛り上がってきた。

      お座敷にテーブル、長テーブルと珍しい環境で新鮮だった。しかしながら

      当然のように挨拶をするためにマイクの前に立たなければならない。

      主賓挨拶という形になるので、下手なことを言うわけにもいかず、ましてや

      ぐだぐだになるわけにもいかず結構なプレッシャーなのである。数日前から

      ネタを仕込み文面を考えてはいたが上手くまとまらず、言わなければならない

      項目だけをまめとて臨んだ。まっ、下手な鉄砲も数を撃てば、ということわざも

      ある通り歌でマイクの前に立つ機会は多いのでどうにかやり過ごした、というのが

      正直なところ。

      二次会にも参加して楽しませてもらったが、友達だけということでリラックスするためか

      花嫁さんて披露宴の時よりキラキラと輝いていて

      二次会の方がきれいだな〜っと思った次第である。

      人生の最良の時だな、と一番離れた席から微笑んで酔っ払いに

      なってしまった。

       

       

       

      本日のお写真は先日東京へ行ったときに

      渋谷の交差点で撮影した。こんなアングルを

      撮影できる身長に感謝したい。

      ヘッドフォンをつけて街中を歩く習慣は

      あまりないがたまにやってみると新鮮ではある。

      雑踏の音が遮断されるので視界が映画を見ているような

      錯覚に陥って自分だけの世界にも浸れたりするが

      同時に孤独感も味わえる。一人になりたいときには

      重宝するアイテムであると再確認した。

      slow street,slow life

      2015.07.26 Sunday

      0


        国道58号線は沖縄の南北を走る主要国道だ。通行料金が安い高速道路を使って移動しても
        いいのだが、実際には30分くらいしか変わらないので、そんなに急がない場合は国道を
        ゆっくりと海を見ながら移動するのもいい。しかし、爽快にドライブをしたい時はある程度は
        スピードを出したくなるのが人情であろう。制限速度が50キロが多いがまあ、60キロでも
        出せばそれなりの感じは出る。しかし、お国柄、地元の人々はあまりスピードを出さない。
        ゆったりと制限速度内で走られる。まあ、それはそれで仕方のないことではある。それでも
        無理やり追い越して行く人のために、「ゆっくり車線」なるものが時々500メートルほど
        設けてある時がある。こちらでいう登坂車線みたいなもので、遅い車は後続車に道を
        譲りましょうね!という目的のための車線だ、、と思っていたら一向にゆっくり車さんは
        譲ってくれない。追い越そうにも前に4〜5台も車がいたら簡単には追い越せない。どうして
        譲らないのかとふと考えたら、分かった!そもそも、ゆっくり車さんはゆっくり走っている
        自覚がないのである。だから、いちいちレーンを移動する事など考えないのではないか、という
        結論に達した。そんなもんだ!


        さて、本日の写真。沖縄から帰るときにデッキで撮影したものだ。なんと見送りデッキの
        入場料が100円!いつ見ても大空にはばたく飛行機の姿は美しい。誰しも飛躍したい、
        現実を打破して目指す未来へ飛び立ちたいと思う。でも、現実問題が立ちはだかる。それが
        普通だ。飛び立つには翼が必要であろう。勇気と元気をたくさん使って理想の翼を手に入れたい
        ものです。

        沖縄より

        2015.07.19 Sunday

        0


          さて、沖縄から帰って二日。イベントのことや会社のことやいろんなことが重なり、なにやら
          腰も頭も落ち着かない。沖縄では浜辺には立ったが足を海につけることも無く、ひたすら
          使命を果たすことに費やした。しかし、夜のお酒はやはり格別。初日の夜はおとなしくホテルで
          部屋飲みだったが、二日目はキャナックの喜屋武さん家族と食事。飲みすぎて11時には就寝。
          翌日は国際通りのライブハウスで、たまたま出張していた取引業者の吉田くんと友達の娘と三人で
          Ryutyのライブを見る。二次会は紹介してもらっていた本格沖縄民謡が聞けるスナックへ。天川という
          お店です。三線テクニックがすごい!左手がうにゃらうにゃらと動くのだ。歌は正調沖縄民謡で
          やはり土地の人が歌う本場物は違う。仮に僕ができたとしても、やはり真似になってしまう。
          ソウルの部分の違いはカバーできるものではないようだ。
          しかし、たまにはリゾート気分でのんびり沖縄旅行を楽しみたいと思う今日この頃。。。。

          本日のお写真はもう、つまみも酒も大分減ってきてテーブルが散乱している写真。料理も残って
          いないしグラスの氷も解け気味。そう、すっかり出来上がる直前のテーブルはだいたいこんなもんだろう。
          最近は通常の生活でも記憶力が落ちているので、酒をのむとより一層ひどいことになり何を
          話したかまるで覚えていない。支払いをしたかもよく覚えていない。
          普通に歩けても、中身はもう、ぐだぐだなのである。
           

          アニバーサリー

          2015.07.12 Sunday

          0


            実は、今年の9月で印象派は会社設立10周年を迎える。独立して14年になるが
            我ながらよくぞここまで維持できたな、と感心している。経営状態は良好な時よりも
            ヒヤヒヤするときの方が断然多かった。支払いが足りなくて手出しして、メインの
            銀行の残金が数万円になったこともあった。それでもどうにか滞りをすることなく
            やってこれた。これは、平島さんがエライわけではなく周りの人のお蔭でもあるし
            少しだけ運がよかっただけだ。平島家を家系的に見てみると、独立してやっていた
            人は結構いたが余り商売上手とはいえず、父に至っては二度ほど倒産させている。
            もちろん成功した親類はいるのだが、父の失敗を間近に見ていたので常に恐怖と
            背中合わせだった。元来、まめな方ではなく雰囲気気分優先だから周りにいた
            スタッフも??と思うこともあったかもしれないが、こればかりは性格なので
            仕方がない。でも、ありがとうございました。

            ということで、20周年はないかもしれないので、10周年記念パーティーをすることにした。
            会場をどこにしようかと、あれこれ悩んで市民会館の小ホールに決めた。理由は
            来年の春には閉館してしまうからだ。僕らの世代の中高生時代ダンスパーティーやら
            なんやらよくイベントが開かれていた場所なので、それなりに思い入れがある。
            広いのでスカスカかもしれないけど、そんなことはお構いなしに楽しいパーティー
            になるように企画中。準備で忙しくなり体重減になるかもしれないけれど、
            そんなことを考え付く性分だから仕方ない。一種の交流会みたいな感じで
            来ていただくお世話になっている方々の、息抜きにでもなればと思っている。


            東京の写真ネタがまだ残ってました!

            結婚してみないとわからないが、結婚してしまうと一人になる時間が
            ほとんど無くなる。一人になれるとしたらトイレの中か車の中だ。
            ただ両方とも何かをしているのであまり一人という感じはしない。
            誰もいない部屋、誰とも会わない休日、そんな時間の中で感じる孤独。
            独身時代はそれがたまらなく嫌だったことがあったが、今では懐かしい。
            それは多分、失くしてしまったから懐かしいのだろう。といって、今の
            生活が決して嫌ではなく、むしろ家族には感謝している。でも、ああ、これは
            男だけの感覚かな、一人で悩み苦しみ、ボケッとして、鼻毛を抜いて、
            ついでにゲップをして、ふ〜っと息を吐きたい時があるのだ。
            世の女性様、頭の片隅にでもよいので覚えておいてくださいませ〜。
            仕方ない。

            ある日突然

            2015.07.09 Thursday

            0


              眩しいなと思いカーテンを開くと、広がる夏空。
              肌寒い梅雨がいきなり終了して、夏が始まった。
              入道雲もくもく、元気もりもりという感じで暑い。
              すっきりとした梅雨明けでよろしい。

              さて、来週から沖縄。今年で四回目を迎えるCANAC音楽祭の
              打ち合わせとスタジオ見学の予定。音楽祭は10月17日土曜日に
              行いますので航空券の予約は早めにしましょう。安いです。
              何年続けられるかわからないイベントですが、沖縄で聞く
              野外の音楽は独特の空気感があり是非一度ゆるやかな風を
              体感してみてください。


              いよいよ、東京シリーズも今回で終了予定です。
              人と会って、その別れ際にどんな言葉をかけるのでしょうか。僕の場合は
              だいたい「じゃあ、またね」です。(そういえば浅田美代子の歌にこんな
              曲があったな〜)
              「さよなら」と言うと今生の別れみたいなので言わない。ただし、
              もう二度と会わないだろう、もしくは二度と会いたくない人に対しては
              「さよなら」と言う。どうでもいいことかもしれないが、そんな
              拘りがあるのです。恋人同士のデートの別れ際の雰囲気もいろいろあり
              ねばっこく、「あなたが先に行って」
              「いや、僕が見送るよ」
              といったどうでもよい押し問答が発生する時期がある。後ろ髪を
              引かれるようなそんな切ない別れ。

              ああ、でも僕には後ろ髪が無かった。。。。。

              kiraキラ

              2015.06.29 Monday

              0


                突然だが、いや別にそうでもないが、ももくろである。
                正確にはももいろクローバーZである。
                週末ヒロイン!ももいろクローバ〜〜〜〜〜ぜえっとおおお〜!
                を思わずやりたくなるがさすがにやれるはずもなく、うずうずしている。
                では、何がここまで惹きつけるのかというと、あの元気のよさである。
                もし、目の前でおじさんを励ますパフォーマンスなどをやられたら
                もう、アトムなんか蹴散らすような勢いで鼻息が荒くなり、実に
                だらしない顔になり、三日間の断食も平気、てな具合になりそうだ。
                実際、ももくろでなくても若い元気の良い子と話をするだけで
                なんとなく元気になったりするってこと、ありません??
                あるでしょう?きっと、あるはず!キラキラしていて、若いということは
                それだけで美しいものだと切実に思う。いや、別に年を重ねることが
                ダメということではなく、十分にキラキラしてあるかたもたくさんおられる。
                だから、頑張ってキラキラしていたいなと、思う今日この頃。。。

                私たちは、天下を取りに来ました。でもそれは、アイドル界の天下でもなく、
                芸能界の天下でもありません。みんなに笑顔を届けるという部分で、天下を取りたい。

                彼女たちの言葉です。ううっつ、おじさん、頑張るからね。。。(涙)

                そうそう、もちろん私見だが、ももくろはキラキラしていて
                AKBはギラギラしている感じがする。野心の塊で力で押すという感じ。

                キラキラおじさんを目指します!

                さて、今日のお写真。このシリーズも終わらせないと
                だんだん、暗くなってきそうです。(笑)

                人間はみな同じところを目指している。
                それは、死、という場所です。
                どんなに若くても、金持ちでも、毎日が楽しい人でも
                頭がよくても、そこに向かって歩いています。
                終わりは必ずやってきます。
                楽しい時間も終わりがやってきます。
                楽しい時間は永遠に続きそうな錯覚をします。
                楽しい時間が永遠に続くと、楽しい時間ではなくなります。
                終わるからこそ、この時間が愛おしくなります。

                氷が解けて、空になってしまったグラス。
                楽しかった時間ももうすぐ終わりそうです。

                印象派事件簿

                2015.06.21 Sunday

                0


                  幸運なことに生後55年、今まで事件や警察、緊急車両のお世話になったことはない。
                  あるとしたら小学校の頃、自宅兼工場が火事になった時くらいだ。
                  先日、外出をしていた時に事務所から電話が入った。
                  「GYさんが気分が悪いということで、救急車を呼んでくれと言ってます」
                  「どうした?」
                  「呼吸が苦しく、手足が痺れているらしいです」
                  「手配はした?」
                  「今、呼んでいるところです」
                  スタッフの声に緊急性を感じなかったので、そんなに逼迫した状況ではないだろうと
                  思ったが、急いで事務所へ戻った。
                  事務所に近づくと赤い自動車が見える。
                  ん?消防車??なんで??
                  救急車もいたが、なんで消防車??慌てて間違えて呼んだ???
                  野次馬的な人もおり、大騒ぎになりはしないかと心配になる。
                  2階に上がると搬出されるところだった。
                  「なんで、消防車がいるの?」と、スタッフに聞くと
                  「近くにいたので手伝いに来たらしいです」
                  「はあ〜、人騒がせな。。。」
                  で、肝心のGYくん、意識はあるが弱弱しくなっている。
                  「多分、過呼吸だと思うんですよね」と、スタッフ。
                  ただ、本人にその経験がなかったらしくパニックになり
                  息苦しい→呼吸をたくさん吸う→酸素が入りすぎる→手足が痺れる→もっと息苦しくなる
                  という流れらしい。
                  運ばれ際にGYくんが
                  「平島さん〜、平島さん〜、」
                  「大丈夫だからね」
                  「すいません〜、死んだらすいません〜」
                  と死にそうな声を残して病院へ運ばれた。
                  GYくん、過呼吸で死ぬ人はほとんどいないよ〜。

                  その後、点滴をうって元気になりそのまま帰宅。
                  翌日、元気に出社しておりました。

                  未だに、あの言葉が耳に残っており、彼の顔を見るたびに
                  蚊の鳴くような声がリフレインされるので困っている。

                  知り合いのお客さんから数名電話があり
                  「平島さんは元気にしておられますか?」
                  スタッフが「いや、普通ですけど」
                  「この前、救急車が止まっていたのでひょっとしたら平島さんが、と
                  思ってでした」
                  確かに、一番救急車に近い男は平島さんです!!

                  ご心配ありがとうございました! ふんっ!




                  ぼちぼち、東京ネタも在庫が尽きてきそうです。
                  今回のN月ちゃんの撮影は午後から夜まで時間を使いましたが
                  撮影を始める前になにかテーマを決めておこう、と話して
                  「透明な感じの写真がいいです、英語で言うとスケルトン!」
                  「あっつ、それで行きましょう。英語で言うとクリア!」
                  微妙にかみ合わない会話をしつつ撮影が始まる。
                  営業ネタではないので気楽に撮らせてもらい実に楽しい時間でした。

                  さだ考

                  2015.06.14 Sunday

                  0


                    東京へ行って二週間近く経つと早くも記憶と印象が薄れ始め
                    何を書きたいと思っていたのか思い出せない。
                    そう、FBにも書いていたが二日目の午前中にたまたま開催
                    されていた「さだまさしミュージアム」なるものへ千葉県の
                    市川市まで出かけた。千葉と言っても江戸川を挟んでいるだけ
                    なので都内からたいした距離ではない。なぜ市川でそんな催しが
                    行われているのかというと、さだ先生が学生時代からプロに
                    なってからしばらくまでは住んでいた街だから。当然、初めて
                    訪れる街だったが都内ほどごちゃごちゃしておらず、ちょっと
                    のんびりした雰囲気が漂う所だった。いつものように方角だけ
                    を確認して適当に歩くとその町の香りがわかる。よほど急がない
                    限りは適当に歩いて目的地まで行くことにしている。15分ほど
                    歩くと目的地に到着。東京に来て驚くのは意外というほど
                    緑が多いことだ。緑と言っても後から整備しました、ような
                    ものではなく大きな木が何本も立っているような、林や森みたいな
                    緑なのだ。ちょっとした森林浴ができそうな空間をよく見かける。
                    「金、持ってんな〜」という感じの余裕を感じる。さて、そんな
                    場所を通り抜けこれまた緑に囲まれた庭園が付属している施設。
                    入場料を支払い中に入ると当然ながら年上の女性グループが
                    おられた。内容はファンでなければどうでもよさそうなもの
                    が多く展示されていたが、逆にファンにとっては「へへ〜」と
                    いったものが展示されていた。例えばレコード大賞作詞賞の
                    賞状とトロフィー、子供のころテレビでいつも見ていたトロフィーが
                    目の前にあると思わず拝みたくなる感じだ。あとは説明しても
                    ファンでなければ面白くないので省略。。。
                    ちょうど自伝的小説「ちゃんぽん食べたか」が出版されそれと同時に
                    毎週土曜日にNHKで同名のドラマが放送されている。学生時代の
                    話であるが1970年代の日本が透けて見えるので面白い。
                    それにしても年譜にもあったのだが借金である。映画製作のための
                    借金が28億、利子まで入れて35億。返済期間30年。この話を
                    聞くたびに勇気が出る。自分の借金なんか小さすぎて話にもならん。
                    でも考え方を変えると返済せねばならぬ!と思えば元気を出さずには
                    おれないだろうし、そう考えると借金も必要かなとは思うが
                    あ〜、でも、やはり無いに越したことはないかも、、、、

                    さだまさしはエライ

                    さて、本日の写真は再びN月ちゃんの登場です。
                    都会の夕暮れを見るたびに期待感と孤独感を同時に
                    感じます。一人暮らしなるものは20歳のころに二年
                    くらい大阪で経験はあるが当時は学生と社会人を
                    同時にやっており日々を過ごすだけでいっぱいだった。
                    日曜日になると誰とも話をせずに一日が終わることが
                    よくあった。そんな時の夕暮れは用事もないのに
                    人ごみに紛れ込んでいた。そんなことをふと思い出したりする。
                     

                    It's a CHANCE

                    2015.06.09 Tuesday

                    0


                      さて、前回にも登場したN月さんのお話。もともと福岡のモデルクラブに
                      所属はしていたのだが親の勧めで医療系の専門学校に入りそのまま就職。
                      その後、タレントの夢が捨てきれず一念発起し上京した。現在は
                      事務所に所属してチャンスを狙っているところだ。苦労話は余り
                      聞かないがバイトをしながらの活動はやはり大変だと思うが
                      いつ会っても元気である。その元気さがおじさんにはないので
                      元気をいつも貰っているので感謝している。そんな彼女が帰省した際に
                      友人と会うとよく羨ましがられるらしい。
                      「いいよね〜、好きなことをやれて。。。」といった類のことだ。
                      それに対して彼女は多少、憤慨する。確かにそれはお門違いの話で
                      逆に言うと「よくやるよね〜、好きでもないことを。。。」
                      ということだ。そんな人を妬んだような言葉を言うのは
                      いろんなリスクを背負ってチャンスを待って頑張っている人には
                      失礼であろう。
                      先日、好きなことだけして生きていけ、という本を買った。自己啓発的な
                      本だが帯のコピーと写真につられて思わず買ってしまった。

                      「君にはいやなことを、我慢する時間はない」

                      写真は外国の少女がこちらを覗き込んで笑っている写真だ。
                      不満足な生活を続けて行ってもあまり意味はないだろう。
                      http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-81467-4

                      N月さんは最近ギターを始めたらしく、その流れでバンドに入り
                      ボーカルを担当している。趣味のバンドかと思いきやどうやら
                      プロを目指しているバンドに入ったらしく、それなりに活動を始めているらしい。
                      こちらにいるときはそんな音楽関係には余り縁がなかったのだが
                      ここにきて別なルートのチャンスが生まれるかもしれない。
                      自分を顧みるとなんとも小さい枠で生きているのかと彼女から
                      教えられた次第だ。

                      そう、確かに
                      いやなことを我慢して使う時間などないはずだ。


                      本日の写真は空港からバスに乗って都心に向かう時に
                      撮影した。夜のバスにはちょっと不似合いな白い帽子。
                      幸い乗客が少なかったので好きなポジションに移動した。
                      去年、お気に入りの帽子をどこかに置き忘れてしまい
                      日頃、物をあまり失くさない人なので少しショックだった。
                      そういえば子供のころ、母が編んでくれたセーターを河原に
                      置き忘れてしまいショックだったことを思い出した。子供ながらに
                      母親がせっせと編んでくれたものを忘れてきてしまったことが
                      とても悲しく申し訳なかった。ふと、そんなことを思い出したのでした。

                      この後、帽子の彼女が先に降りたのだがその際に
                      横顔がちらっと見えた。

                      この世には見なくていいものがあるということを
                      思い出した。

                       
                      Check